年齢を重ねても美しい髪を保つためのポイントについて紹介しているサイト

洗髪時後のケアを工夫してみよう

シャンプーを残さず優しく洗おう

昨今はヘアケア関連の製品にもさまざまな物があり、自然な成分にこだわったものや良い香りのする物など多種多様です。
より良い成分の配合されたシャンプーやトリートメントを使うことで自宅でも高度なケアができると考え、ついたくさん使ってしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、髪を洗う第1の目的は頭髪の洗浄です。
良い成分を髪に与えるにも、まずは汚れを落とすことが大切です。
強い力を加えず、指の腹で優しく丁寧に洗いましょう。
シャンプーを髪全体に行き渡らせるようにして、泡立つものであればなるべく泡で洗うよう心掛けると良いですね。
ある程度シャンプーを行き渡らせ洗うことができたら、シャンプーなどの成分が残らないようしっかり洗い流すことが大切です。

なるべく早く乾かす

自然乾燥で髪を乾かすという人も中にはいますが、これはあまりよくありません。
髪が水に濡れた状態はとても無防備であり、刺激に弱くなっています。
そのまま放置している時間が長いと、場合によっては乾く前に雑菌が繁殖してしまったりするようなこともあります。
なるべく早めにドライヤーなどで乾かしてしまうのがオススメです。

ドライヤーを使う前にはしっかりタオルドライすることも大切です。
その際は髪同士を擦り合わせず、髪の束を掴んで水分をタオルに移すような感覚で拭くと良いでしょう。
洗髪後のデリケートな髪を守るためには、毎日の習慣の中でダメージを少なくするよう気を付けることが大切です。
ドライヤーをかける時に毛先に少しオイルを付けるのもオススメです。


▲ TOPへ戻る